にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ

ワイドレシオ化への誘惑

定期的に、GIANT OCR1をさらにワイドレシオ化できないか、という願望に苛まれます(;^ω^)

そもそも軽量化+メンテコスト低減+安価という理由から選んだフロントシングルではありますが、
金峰山サルスベリまで登った際のサイコンの情報を見ては、
もう一段実は軽いのがあったらいいのかなーとか思ったりですね……。
実際のところ現在の状態で十分なんですけども、やはり改造癖が悪さをするといいますか、
とにかくいじりたくてウズウズしてしまうわけです(;^ω^)

私が購入したのは、SRAM Rival22 WiFLi Rear Derailleur
本来はフロントダブル用なんですが、リアのキャパシティが32Tなので、
Ultegra CS-6800 11-32T と組み合わせることでそこそこのワイドレシオが実現できています。
また、海外通販で6000円程度だったこと、重量が191gと軽量であったことが決め手となりました。

もう一つ選択肢になっていたのが
本来の組み合わせであるSRAM Rival 1 Rear Derailleur
何とも言えぬ無骨さがカッコいい商品ですけど、269gと、重量面で難があります。
しかも、お値段がRival221.5倍以上と高額で、海外通販でも意外に手に入りにくい代物となっています。
そんなこんなで購入には至りませんでしたが、今考えるとこちらのリアディレイラー……。
拡張する上での選択肢が明らかに高いんです(;^ω^)

ロングケージの場合キャパシティが42Tまであるので、
ギア比が足りねー、と感じたら、すぐにでもスプロケを買い替えることで対応ができるということになります。
前述したRival22はすでに「使い切っている」状態で遊びがありません(;^ω^)
こいつがあるおかげで、いろいろと気持ちが揺れ動いてしまうわけなんですw

とはいえ、キャパシティを増やす手段はほかにもあるようです。

WolfToothが出しているRoadLinkを利用すれば、リアディレイラーハンガーを延長する形で
キャパシティをおおよそ40Tまで増やすことができるようです(・∀・)

SRAM製品は推奨されていない(というかテストされていない)ようですが、
原理的には問題なく使えそうな勢い。
お値段も3000円前後とリーズナブルなのがうれしいですね。
とにかく、軽く、メンテがやりやすく、かつ安く手軽なフロントシングル構成を
崩すこと無く拡張するという点では、今後選択肢に含めても良さそうです。
……ないものねだりにも程があるという話ですがw<

しかし、ワイドレシオなスプロケをロード用のホイールにぶっこんでも問題なく動くのでしょうか……?

正当な使い方をするのであれば、SRAMから11-36Tのスプロケが出ているのでこれを使うのがいいんでしょうが、
せっかくなのでフルフルの11-40Tを搭載したいところです。

SRAMが出している10-42Tも惹かれるところがありますが……

お値が張る上、RoadLinkを利用する場合はキャパシティオーバーになってしまいます。
更に、シマノフリーに搭載できないスプロケときています。


xD Driver Bodyという専用のフリーが搭載されているホイールを
準備するカネなどございません(;^ω^)
フリーボディ単体を購入したところで、とてもCampagnoloのホイールに
搭載できるとは思えないため、結局却下ということになります。

ということで、結局スラノを継続する発想に至ってしまうわけで……。

SHIMANOの中で、最大40Tのスプロケと言えばMTB用になるんですが、
私が使っているCampagnolo VENTOにMTB用のスプロケを搭載すると、隙間ができてしまうようです。
規格が根本から異なっているんですね(;^ω^)
スペーサーを2種類(1.85mm+1.00mm)を利用することで装着可能という情報もありますが、
そもそものスプロケットピッチが、前者が3.74mmで後者が3.9mmと根本から異なっているため
さらなるチャンポンが発生し、収拾がつかなくなる恐れがあります(;^ω^)
ていうかこんなにピッチが異なっているのにチェーンは同じってどういうテクノロジーなんだろう……w

LoadLinkに関する情報を収集する限りでは、SHIMANO製品同士のリンクは可能っぽい書き方がされているので
互換性があるSRAMも概ねシンクロしてくれるとは思いますが、これはこれで大きな博打になりそうです(;^ω^)

ここまで書いといてなんですが、当面買いませんけどね。

お金がもったいないので(;^ω^) ……と、また自分に言い聞かせるハメになるわけですw

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です