にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ

3度目の挑戦 … ST-6510のネームプレートの補修

前回の記事ST-6510のネームプレートを美品にすげ替えたという記事を上げました。

その翌日。

通勤途中に指先で撫で付けたら、パリパリと塗装が崩れ落ちてしまいました(;^ω^)

レバーそのものが発売されたのが、今からおおよそ20年前……。

いくら美品と言っても、流石に経年劣化でもろくなっていたようです。

ということで、通算3回目、ネームプレートの補修を行うことにしました。

1回目カッティングシート2回目がシルバーのタッチペン……。

どちらにしてもUltegraの文字が消失した状態からの補修でしたが、今回はなるべくロゴマークを残した状態で修復したいと考えました。

なので、新たにより色味の近いタッチペンを探すべくホームセンターへ。

おなじみHoltsのタッチペン、ホンダ用ポリッシュドメタルを選択し、これで補修をかけてみます。

まずは該当箇所に軽く紙やすりを当て、古い塗装を落としつつ残せるところは残します。

そして、極力薄く塗料を塗り拡げていきます。

樹脂が覆われたところで乾燥。

選択した塗料も色味的にはそこまで違和感はありません。理想を述べれば厚塗してポリッシュし、鏡面加工に近づけるべきですが、位置的にすぐ傷が付く部分でもありますので、この際丁寧さは求めません。樹脂が隠れれば十分でしょうw

前回補修を書けたネームプレートを比較すると、色がだいぶ違うことが分かります。厳密にはもう少し青みが少ない塗料が良かったかもですが……。完璧を求めても仕方がありません。

乾燥したところで、クリアラッカーを吹いて、再度乾燥させて完了です。

補修後、このようになりました。全体をクリアでコーティングしたような感じなので、残った部分も多少は強化されたと思います。また、再塗装したところにもテカリが加わって、極端な違和感は出てない感じですね。

しかしながら、いざ白日の下に晒してみますと、気持ち下地の色が透けて見える箇所が……。もう1回くらい塗り重ねればよかったですかね。

まぁ……樹脂むき出しよりはマシです(;^ω^)

にほんブログ村 自転車ブログへ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です